見えない眼が映すもの、記憶のかけら

hisa33712.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:私を輝かせてくれた3人( 3 )

再びの想い


この記事は2009年に書いたものですが、未公開にしていましたが、思いのこもった記事なので、今回公開にしてみました、文章をなおせないのでそのままですが・・・
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

d0128513_20443774.jpg


秘峰ウルタルは深い霧の中につつまれて
その勇姿を見せてはくれない
絶え間なく爆音を響かせ、雪崩がすざましく

明けきれぬ朝のうす闇の中を
私は彷徨い歩いたウルタルのベースの台地
あの幻の姿を見せてくれた山の師の極限の勇姿

天上の世界に一瞬私は近づいたのですか
別れのときのきらきらと輝く
美しい虹を私は今も忘れられない

d0128513_20453536.jpg

                 <ウルタル峰を望める、ホテルに飾られている、山の師の写真>

d0128513_20455483.jpg

あの旅をした日から、もう、十数年が過ぎた、だが、あの頃よりはるかに、難しい政情になってしまった!あの、穏やかだった、イスラマバードからのニュースが気になる!私はただ、平和であって欲しい!祈る事しかできない!!!


☆☆☆
ここ数日、暖かな春を感じる!、『美しき人』 はどうやら、つつがなく?撮影も進んでいるようだ!秋田はまだまだ冬の嵐が吹き荒れて、かなり寒そうだ、寒さが苦手な『美しき人』も事、撮影が始まると、並外れた集中力でドラマの主人公になりきっていることだろう・・・

韓国と日本では、国の置かれた状況が違う事で、ドラマで描かれる事が、中々理解出来ない事もある、けれど、台詞のひとつ、ひとつ、が、なぜか、とても観る者の心に伝わる事だけは確かだ!私は『美しき人』のファンだから贔屓目で見てしまうのだろうか・・・

でも、これほど、多くの人々に感動を与えてくれる事は、そこには、何かとても大切なこころや魂が込められている、と私は感じてしまうのです。

言葉の表現が美しい!そして、使われる音楽がよくあっている!私は、日本の映画やドラマも観ますが、なぜか、なにかが足りない気がする!でも、ああ~いいな~と、思う作品に出逢えると、とても、ほっとします!!!
やはり、日本人ですから・・・
今、日本のドラマで、お気に入りは『白洲次郎と正子の世界を』描いた作品です。
主役の伊勢谷君がとても素敵です。

<今私は、何処へも行けないし、体調が悪いとつい、心が弱くなるけれど、いつか元気になって、『美しき人』に出逢える!そう希望を持って・・・!>
[PR]
by hisa33712 | 2015-04-07 20:33 | 私を輝かせてくれた3人

私の憧れ!凄い人を紹介~し~ま~す!!!

とても多くの方に読んでいただいたのでうれしくなって、上に持ってきちゃいました。

今年も近藤さんのエベレスト登山があるようなので、お知らせを載せてみました。
下の記事は2009年の頃に書いた記事です。(写真は近藤さんよりお借りしました物です。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
d0128513_144187.jpg


今の私には、ただ、憧れるだけのヒマラヤや、ロッククライミングですが、暖かな我が家にいて、その素晴らしき世界に誘ってくださる、凄いお方『近藤謙司さん』を今日は紹介させてください。
d0128513_954375.jpg

8000mの頂にいても、細やかな気使いを忘れない、優しい山男!!!
d0128513_955980.jpg

いざ、あの頂へ出発、だがその前に?何を食べようか!巨人達の夢をのせて・・・
d0128513_9553131.jpg

俺も男だ!ちょっとだけ美人には弱い・・・イヤイヤ!世界中の美女が迫っても???

                         ☆~☆~☆
d0128513_9555111.jpg

<でも、でも、今の私には『美しき人』も忘れる事が出来ない、欲張な私です!!!>
                         ☆~☆~☆

d0128513_9561848.jpg

時には物思いに、愁いを感じさせて、「う~ん」雪崩よ、起きないでと祈る!
d0128513_957598.jpg

山男は食わねば!!!パワーの源は、火鍋?「うまいっすよ!」
d0128513_957307.jpg

この世界でも優れた才能を発揮されています!!!
d0128513_16352753.jpg

                   ♪ このような本も書いてます!!!
d0128513_9582100.jpg

夏はヨーロッパアルプスで夢を叶えてくれる、岩と雪の世界で・・・
d0128513_1011830.jpg

<懐かしい、シャモニーの街!たくさんの思い出があり、忘れる事の出来ない場所!>
[PR]
by hisa33712 | 2015-03-24 15:03 | 私を輝かせてくれた3人

私を輝かせてくれた素晴らしき3人の騎士・・・

少し書き換えたいけど、今の私には眼がダメで読み直しができないので、ほとんどだいぶ前に書いた記事を載せてみました、お読み頂ければ嬉しいです。

<オーラの渦の中で、長谷川恒男氏>

私が、この方と出逢ったのは、もう30年以上前の事だ、私は一人で、どうしても、八ヶ岳の冬景色が見たくて、出かけた、赤岳鉱泉へ、一人で雪山へ入るのは始めてだった事もあり、かなり緊張していて、不安もあり、どうしても早歩きして、休憩もなしで、ただ、黙々と歩いていると、数人のご婦人を連れた「長谷川恒男氏」に出会った。

今まで、山関係の本でしか出会っていなかった方で、私のやっている登山とは、およそ、かけ離れた世界で活躍されている方が、今、目の前を歩いている事に、そして、なんだか、表現の出来ない、輝きを見たような気がして、ただ、吸い寄せられるような思いになった感情を今でも、あの時の昂ぶる感覚を、時々思い出している。

そして、八ヶ岳でのすれ違いから、数ヶ月後に、ある雑誌を読んでいて、どうしても、逢って、お話をしてみたいと、思い切って電話をかけさせて頂いた、その時に、なんと、ご本人が、いきなり、受話器の向こうから、長谷川です!と答えたのです。

その時の、驚きは、その日一日、家の中を、飛び跳ねて、踊りだしているほどの、興奮を覚えて、家族が帰宅する度に、今日の出来事、すごい事があったのだと、話しては、私一人、舞い上がっていたのでした。

その出来事を機会に、私の登山は、それまでの山の世界とは、まったく違った、体験の連続で、いよいよ、私は、雪山から、岩からの魔法に完全に呑み込まれて、山からの魂の虜になっていきました。

元々体力のなかった私は、ただ、頑張る事しか、その魂を、体のすべての細胞が喜びに打ち震える、幸せを追い求めて行く事なのだと・・・

もう、私にはこれ以上の、能力も、力も、尽き果ててしまったと思えた時!!!
長谷川さんの、的確なアドバイスの一言が、思ってもいなかった力と登山技術が私に授かるのです。

そして、又、一段と、山の魔力に取り付かれて、長谷川さんの放つ、オーラの渦の中で、これ以上の幸せな事は無い!と思える日々でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


<山の世界で、はじめて出逢った、心温かき人、近藤謙司氏>

この方との出会いは、もう何年になるのだろう、岩のぼりをはじめて間もなくの頃、私の周りには、中々岩のぼりをする人が少なくて、仕方なく一人で、鹿沼の岩山へ、ザイルを担いで、出かけて、その頃覚えたての、単独で岩をのぼる方法を試しにやっていて、手違いから、宙吊りになっていた私を、たまたま、そこを通った近藤さんが助けてくれた、命の恩人でもあるのです。

そのあと、しばらくの間、お逢いする機会も無く、数年が過ぎた頃、ある場所で、偶然お逢い出来た事が、私の幸運な出逢いなのでしょう。

そして、私には、とても、大切な、ボリビア、パリナコータ峰への登山は心の中の宝として残っています。

現実の山の世界は、私が生意気に言う事ではないのですが、とても、激しい競争社会なのです、それは、多少の差こそあれ、一般の山岳会のような場所でさえ、競争心の働く、よく言えば、ライバル意識であり、お互いを励ましあいすることでもあるのですが・・・

そんな世界で、これほどの心が穏やかで、優しさと気遣いの出来る方に出逢ったのは、まさに幸運な事だと、感謝しています。

何度も、国内、海外へと、ご一緒させて頂きましたが、一度として、嫌な感情になった事がないのです。

時として、登山家と言われる方々は、独特で個性が強くて、特に山へ入ってしまうと、人格が変わってしまい、失望してしまう事も多いのです。

でも、近藤さんは、いつも、人としての温かさを感じさせてくれる、そして、ご自身の山に対する思いも大切にして、ご自身が選ばれた道を進む姿がとても魅力あふれている、そんな思いにさせてくれるのです。

「美しき魂にささえられて」私の書いた本へ快く、推薦文を書いて下さった。
今、とても、とても、忙しい体なのに!!!
寝る時間の無いほどの、スケジュールの中、本当に感謝しています。
年末からは、南極最高峰「ビンソンマシフ」へ向かわれるとか!!!
お人柄の良さが、多くの方から、頼れる存在として、とても、ファンが多い方なのです。
私も、元気な体になったら、何処へ、ご一緒させて頂こうかと、夢を膨らませていますが・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


<苦しみの中で、突然の出逢い、イ・ビョンホンさん>

あれからもう、10年と9か月が過ぎていきました。
あの日、なにかの、啓示のように、突然目の前に現れた、ビョンホンシ、本当に予期せぬ出来事でした。

今、このブログに、こんな風に言葉を綴れる事が不思議に思えるほど、あの頃は、この頭に何も言葉も、感情もなくて、ただ、息をしてそこにいるだけの私でした。

ただ、お前は生きていても何の価値も無い人間!!!
何の希望も無い、これから益々、苦しい、体が弱って行くだけだ!!!
それなら、いっそ、誰にも、迷惑がかからない、今、終わりにした方が!!!

そんな言葉が、時々現れては、消えて行く、そんな日々でした。
でも、何処かで、生きなくては、と、言う思いがあったのでしょう、その、わずかな思いが、ビョンホンシの魂の演技に繋がったのだと、私は思えるのです。

あの日、生きる事へ方向転換させて下さった、ビョンホンさんの魂が、ひとつの言葉・・・
『美しき人』この表現が、次の言葉、『愛と恋』につながり・・・

今、こんなにも言葉が生まれて、喜びにあふれて・・・

感謝の気持ちで、胸が熱くなる・・・

私の人生の中で、本当に多くの人に出会い、影響され、私自身をたかめる為に、又、誰かの役に立ちたいと思った時もあったけれど、私に出来る事は本当にわずかな事、けれどたくさんの人に助けられて、今の私がここにいられる事が、ありがたくて、嬉しい・・・

これからの私は、どんな人に出会い、私を輝かせてくださるのだろうか・・・

きょう、書かせて頂いた御三人方には、私の人生を特別に輝かせてくださった人・・・

私がお返し出来る事は・・・

『感謝』この言葉でしか、表せない思いです・・・
[PR]
by hisa33712 | 2015-03-23 14:33 | 私を輝かせてくれた3人

カシャ、シャッター音が楽しい、古くて重いフイルム写真ですが私の宝物、記憶写真と眼の悪い私が今を映す感覚写真ですが観ていただければ嬉しいです、生きがいですから・・・


by hisa33712
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite