見えない眼が映すもの、記憶のかけら

hisa33712.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:チャンイに逢いたくて・・・( 1 )

<祈>黎明、そして『美しき人』

☆~☆~☆
おかげさまで、無事、眼の手術も成功して、8月末に退院できましたが、まだ、いろいろと体調不調ですが、何とか頑張っています。
焦らずに、焦らずに、と自分に言い聞かせています。
でも、あまりにも、見えすぎて、めまいがするほどです。
これから、したい事、希望や夢がいっぱいで、楽しみです。
これからもどうぞよろしくお願いします。

              9月7日 記



やっと、ぎりぎり、眼の手術を25日に出来そうです、眼の事もちょっと心配ですが、免疫力の低下してる私は、新型インフルエンザが怖いです、いろいろ考えても仕方がないので、頑張って,行ってきます!!!
d0128513_11585457.jpg

                                   <写真、近藤謙司さんより拝借>

  闇を裂くようにひとすじの光が走る 透明な空気に興奮と膨らむ期待
  新たなる夢と希望の輝く夜明け 『美しき人』 そして私に黎明の光射す願い
  
「黎明」この言葉、大好きなのですが、そぐわないかも、でもあえて使わせていただきました。


【GOOD・BAD・WEIRD】

      <8月29日(土) ロードショー公開!>

d0128513_1372530.jpg


<優雅なる狂気>

許しを請う男に、想いすがる女に
一瞬の戸惑いもなく向けられた
非情な銃声が響く

砂嵐が容赦なく消し去る
男の通り過ぎた跡は狂気さえ
優雅さをただよわせて

孤独さだけが男を生かす
冷酷さだけが男の血をゆるがす力
もう後戻りの出来ない道

悲しみさえ消して全て狂気が男をつつむ
どんな時も男を満足させない
どれほどの黄金に輝く宝であっても

チャンイの優雅なる狂気は
たった一分間の描く物語に
私は悲しみと非情さと共に

遠い昔に観たフレディ・マーキュリーの魂の揺らぎが
あの抑えようのない感情に支配された
狂気さえ感じさせるあの男の魂

私の中を通り過ぎたあの時のように
興奮と幸せの狭間で我を忘れた瞬間
チャンイを演ずる魂の揺らぎが重なる

この詩は、チャンイ(ビョンホンさんがこの映画で演じている役名)としての姿ではじめて登場して、魅せてくれた時に、たぶん、二年前くらいに、書いて載せたものですが、大好きな詩なので、もう一度、あの時の衝撃を思い出して、チャンイと共に、再度載せさせていただきました。

☆・☆・☆
いつも、多くの方のご訪問頂き、そして素敵なコメントを頂きながら、お返事もせずに本当にごめんなさい、嬉しく、感謝しています。
ちょっとの間、PCを見れないと思いますので、コメント欄を閉じさせていただきます、ごめんなさい。
また、元気に出て来ますので、その時はどうぞよろしくおねがいします。
                                    8月22日 記

d0128513_12135846.jpg

[PR]
by hisa33712 | 2009-08-20 09:33 | チャンイに逢いたくて・・・

カシャ、シャッター音が楽しい、古くて重いフイルム写真ですが私の宝物、記憶写真と眼の悪い私が今を映す感覚写真ですが観ていただければ嬉しいです、生きがいですから・・・


by hisa33712
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite